2012-06-17

後記+プロフィール269

後記 ● 上田信治

先月5月31日は、恒例の角川俳句賞の応募締め切り日でした。

みなさんの中にも、ご応募された方は多数いらっしゃることと思います。

今年も小誌は「落選展」を実施いたします。だいたい8月末に、角川のほうは発表になりますので、惜しくも受賞ならなかった方は、こちらへのご応募をよろしくお願いいたします。

先日、ある方に(山下つばささんですが)「角川に出して、落選展に出すことを、ライフワークにする」と言っていただき、たいへん嬉しかったのですが、「別に、獲っちゃってもいいんですよ、落ちることをライフワークにしていただかなくても」とお返事したところ、「百も承知です」と言われました。

考えてみると。

予選に通ることも、審査員の方にうけることも、受賞することも、目標ではない。最終的には、自分の名前で発表しておかしくないような自分の作品を出すしかないのですから、ついつい「落選展」での発表が視野に入ってきてもおかしくない。

ここ数年、若手中心に幅広い人が角川俳句賞の受賞を目指して応募しつつ、必ずしも賞レースにむいていない書き方で、(言葉は悪いですが)角川俳句賞で遊んで、大いにその人らしい作品を残してきました。

このちょっと面白い状況を可視化しつづけていたのが「落選展」でした(と、今日、福田若之さんと話していて気がつきました)。

だから、角川落ちて「落選展」がライフワークでもいいのかもしれない(穫っちゃったら、もう「落選展」出せませんからね)。

今年もよろしくお願いいたします。



それでは、また、次の日曜日にお会いしましょう。


no.269/2012-6-17 profile

■神野紗希 
こうの・さき
1983年6月4日、愛媛県松山市生。お茶の水女子大学博士課程在籍。2012年、第一句集『光まみれの蜂』を上梓。

■西丘伊吹 にしおか・いぶき
1987年、東京生まれ。慶大俳句にて俳句を始める。2010年より、女性4人で作る俳句と変奏のzine “hi→”にて活動(2011年10月に5号刊行予定)。2011年、「浜いぶき」より俳号「西丘伊吹」に改める。hi→サイト:http://www.hi-ku.net/

■小川春休 おがわ・しゅんきゅう
1976年、広島生まれ。1998年「童子」入会。2009年「澤」入会。現在「童子」同人、「澤」会員。句集『銀の泡』。サイト「ハルヤスミ web site

■野口 裕 のぐち・ゆたか
1952年兵庫県尼崎市生まれ。二人誌「五七五定型」(小池正博・野口裕)完結しました。最終号は品切れですが、第一号から第四号までは残部あります。希望の方は、yutakanoguti@mail.goo.ne.jp まで。進呈します。サイト「野口家のホーム ページ

■村越 敦 むらこし・あつし
1990(平成2)年、東京都国立市生まれ。現在大学4年、東大俳句会幹事。

■上田信治 うえだ・しんじ 
1961年生れ。「ハイクマシーン」「里」「豆の木」で俳句活動。共著『超新撰21』(2010)。ブログ「胃のかたち」

0 コメント: