2013-03-31

句集好き 林 正行句集『宙』(昭和63年) 上田信治

句集好き
林 正行句集『宙』(昭和63年)

上田信治

 
 
 



林 正行 はやし・まさゆき
大正11年生まれ。神生彩史に師事。「白堊」同人。句集『大王崎』『『洲』『宙』『大将』『東洋一』『俳句バンザイ』。

林正行という人のことは、大畑等さんのブログで知りました。(「今朝も俳句かあ」)

この人は、波多野爽波の〈波音の大王岬の蚊と生れ〉で知られる、三重県志摩市の大王岬(だいおうざき)灯台の真下で、土産物店兼食事処「東洋一」をやっていました。

2006年に刊行された『俳句バンザイ』が「全句集」となっているので、ご存命ではないかもしれません。

前略は今も雨蛙に似ている  『宙』
秋風の疣容れやまぬ大広間
かんたんに啼く鶯や銭たまる

結婚式が多くて太平洋が白い
人らみなみかんの皮を尻からむく
水門を西瓜の皮がいま通る
烏になる気持ちで灯台にはのぼらぬ
あぶらあげどこまでおぼろ月なのか


こういう俳句は、面白いと思えばぜんぶ面白いし、そうでないと思えばそうでないようなもので、書き抜いていると、ぜんぶ書いてしまいそうになります。

第一句集『大王岬』のあとがきを「大王岬はよいところです」と書き始める林正行さんは、とても懐かしいかんじのする人です。

今年、伊勢志摩方面へ行く機会があって、大王﨑に寄ってみたら、「東洋一」営業中でした。たいへん、うれしかったです。

追記「東洋一」食堂としても、すばらしいらしい。
≫食べログ

(上田信治)

句集『大王崎』より「私・・・」



(2013年撮影 大王岬)

写真はクリックすると大きくなります。

1 コメント:

ゐこまだゐすけ さんのコメント...

ああ、なんか、良いですね。
ありがとうございます。
僕も帰省したときには
行ってみたいと思います。