2013-08-11

〔今週号の表紙〕第329号 ミズクラゲ 橋本直

今週号の表紙〕 
第329号 ミズクラゲ

橋本 直


しながわ水族館で撮りました。

海っぱたに住んでいると、ミズクラゲって、まったくどうにもありふれたやつです。
触手もあるんだかないんだかで、ありふれてるのに、
クラゲの画を描いたら誰にも描いてもらえない姿をしています。
あの長い脚をひくクラゲらしさ、迫力がぜんぜんない。
なんか、影が薄い感じがします。

とはいえ、ありふれてるおかげで海水浴で一日遊んでいれば、必ずどこかは刺される。
(刺されても、対して毒が無いのもまた影が薄いですが)
それから、満ち潮になると流されて川にあふれたり、
大発生して原発の冷却水取水口に詰まりそうになって、
ニュースになることもたまにはあります。

ところで、ミズクラゲって、どうしてミズクラゲなんでしょう?
ググると、水くらい透明って説明は見つけたんですけど、
写真の通りで、そんな透明かよ?と疑問に思うし、
クラゲって大概そういうもんやんか、とも思ってしまいます。

あるいは、クラゲの中でももっともありふれたやつだから、
「水並」にたくさんいるってことか?とか思ったりもします。
本当のところ、由来はわからないのだけれど、
子供の頃にトモダチと遊んでいて、ミズクラゲを掬ってきて、
防波堤のコンクリートの上で干すと、
やがてほぼ水になって溶けてなくなるのを
面白がって何度もやっていたことがあります。
(オトコノコは一通り残酷な遊びが好きですね)

もしかすると、溶けて水になるクラゲだから、
ミズクラゲなのかもしれません。




週俳ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: