2014-12-07

2014石田波郷賞落選展 10 中西亮太 異世界 テキスト

中西亮太 異世界


トランクに山ほどつめり残り雪
暗闇に沈丁の香の溶けにけり
これだからと言へば桜の花も散る
若夏や後部座席を独占す
梅雨から逃げむばかりに搭乗す
かうもりの折りたたみたる世の終
シェーバーの音暴れたり行々子
初恋の傷もいつしか蜥蜴かな
異世界の入口なりし山椒魚
熱帯魚地球の果てを巡るかな
向日葵や右向け右と並びたる
密め抜く初恋氷室の桜かな
教科書に日の落ちたりし原爆忌
織姫になりきらむとて橋越える
コスモスのたなびきたるや合唱祭
ロザリオの月と交わせり缶珈琲
もみじ葉や一息吸ってダイビング
地球儀の表面までも冬最中
凍土や影掛かりたる仁王像
八畳の部屋に四つ角福は内


0 コメント: