2015-08-16

10句作品テキスト 青本瑞季 光足りず

光足りず 青本瑞季

夕虹を指すに遅れて嗚呼と云ふ
木曜の山羊よこたはる暗さかな
切株の膚のごとくに蛾の鱗粉
鬚の凸あまたうつすら汗を乗せ
少年の眼濁流めく午睡
夕菅や矢を射るごとく名を呼んで
夏木光足りず黙禱のまなうら
黙禱そして向日葵はあをざめ光る
花カンナ貨車過ぐるとき悲鳴に似る
鳥の屍より甲虫光る、臭ふ


0 コメント: