2015-08-16

【八田木枯の一句】あはやあはやの日本一億玉砕忌 西村麒麟

【八田木枯の一句】
あはやあはやの日本一億玉砕忌

西村麒麟



あはやあはやの日本一億玉砕忌  八田木枯

『鏡騒』以後・「鏡」第2号(2011年10月)「六十六年目の夏」

八月を秋だと実感できないのは、残暑が続くからだけではない。広島忌、長崎忌、終戦日、と正直書くのもうんざりする、どんよりとした、どろりとした記憶の日が続くからではないだろうか。

遅過ぎたのだろうが、なんとか終戦を迎えた八月。

怒り、絶望、虚しさ、安堵、敗戦の日を迎えた人々の心は、よくわかりますだなんて口が裂けても言う気にはならない。

とにかく、日本一億玉砕忌とならなかったことだけはよかった。

戦後七十年だが、まだまだションボリしていて良い、八月はそういう月だ。

「あはやあはや」の恐怖は冗談じゃないのだ。

0 コメント: