2015-11-01

2015角川俳句賞落選展 4 青本柚紀「飛び立つ」テキスト

4. 青本柚紀 「飛び立つ」

鳥飼つて二月の空を明るくす
蝶よりも薄く図鑑の頁あり
風船に透けて十指のふかみどり
木の芽風つよし病棟より出れば
恋猫の硬く帯電してをりぬ
たんぽぽの絮や正しき軸を持ち
鳥なくて鳥の巣に日の真直ぐなり
銅像を誰も過ぎ去り花は葉に
目を閉ぢてをれば眼の浮く五月
流れつつ夏の燕をとほす水
ひとりゐて麦茶の氷鳴りどほし
よく晴れて秩父に大きすぎる薔薇
叢に蟻の泉を掘りあてる
カルデラの深さを思ふとき夏帽
峰雲や千里の馬を繋ぎとめ
星を見る四肢は白鳥座のかたち
夜店てふ小さき牢のごときもの
紫となりて鳩発つ晩夏かな
蜩に明けて一日の晴れわたる
秋灯に雨の気配のどつと来る
墓の裏に廻れば花野そして風
みちのくの林檎しづかに尖るなり
ばらばらに熟れて葡萄でありにけり
手の冷えを重ね遠くに巴里のある
初冬のイヤホンに入る風の音
寒林に向かふを知られてはならず
水を出て鴛鴦の尾は青を得る
雪の木に雪を解かさぬ光かな
嘘よりも口は小さし水仙花
冬の川舌のごとくに夜が来る
海岸に師走の旅の眼をひらく
鳥の骨春風に満たされてゐる
四五匹のみんな恋猫みな濡れて
風船の青を別れの如く見る
絶壁に立たされてゐる雛かな
隣る木に触れて柳の風となる
未来とはつばくらの尾の残像ぞ
永き日の靴底草に水に触れ
駆け抜けて胸の高さに夏の草
あめんぼに水の逆らひつつへこむ
たとへば刃蛇這ふ音の重さとは
夏川に冷え千層の岩なりき
馬を彫る泉につけて来し両手
青嵐鳥に始まる進化学
ひらきゆく蓮を真中に抱くからだ
誰も見ぬダリアに水の真つ逆さ
機械都市抜けるにパナマ帽ひとつ
みな右利きで或る夏のオートマトン(自動機械)
よく鳴る森木に空蝉の夥き森
ふと遠いひとと白鷺と飛び立つ



■青本柚紀 あおもと・ゆずき
平成8年生。広島出身。平成24年、俳句を始める。平成27年、『里』『群青』入会。現在東京都在住。

0 コメント: