2015-12-20

10句作品テキスト 以後 太田うさぎ

以 後   太田うさぎ

闇鍋の蓋の大きな明石かな

小春日や暮るるにまかす山の影

葉牡丹に日の差す伊勢の漬物屋

固まつて落日以後の海鼠たち

小田原に広げる夜着は鶴の柄

廻廊や寒き柱に手を置いて

沛然と雨の港区神の留守

おのづから夜は広がり浮寝鳥

自転車の素手の時雨れてゆくばかり

かかるほどに蠟月闌くるをぐらあん

0 コメント: