2018-03-04

後記+プロフィール 第567号

後記 ◆ 岡田 由季


三月三日、和歌山の淡嶋神社へ、雛流しを見学に行きました。

雛人形を乗せた舟を、神社から海へと運ぶのですが、女性参拝者ならば舟を担ぐことができ、厄除けになるとのことですので、私も参加させていただきました。およそ100体の人形をのせた白木の舟は、思ったよりも重く、雛を流す浜辺までは予想よりも距離がありました。少し担いでみるつもりが、しっかりと重みを肩に感じて歩くことになりました。

淡嶋神社は有名なので、テレビでもよく取り上げられています。実際に行ってみるまでは、奉納された人形がずらりと並ぶ様子などから、怖い印象をもっていました。ところが、行ってみると、雛流しの神事は美しく、また、子どもらも参加して和やかな、穏やかな雰囲気でした。メディアにはおどろおどろしい側面が取り上げられすぎかもしれません。




それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。



no.567/2018-3-4 profile

■彌榮浩樹 みえ・こうき 1965年鹿児島生まれ。1998年「銀化」創立とともに参加、中原道夫に師事。第二回銀化新人賞受賞。銀化同人。句集『鶏』(2010 ふらんす堂)。2011年「1%の俳句」で群像新人文学賞評論部門を受賞。

■小津夜景 おづ・やけい
1973年生まれ。無所属。句集『フラワーズカンフー』 。ブログ「フラワーズ・カンフー

■瀬戸正洋 せと・せいよう
1954年生まれ。れもん二十歳代俳句研究会に途中参加。春燈「第三次桃青会」結成に参加。月刊俳句同人誌「里」創刊に参加。2014年『俳句と雑文 B』、2016年に『へらへらと生まれ胃薬風邪薬』を上梓。

中嶋憲武 なかじま・のりたけ
 1994年、「炎環」入会とほぼ同時期に「豆の木」参加。2000年「炎環」同人。03年「炎環」退会。04年「炎環」入会。08年「炎環」同人。

■西原天気 さいばら・てんき 
 1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。笠井亞子と『はがきハイク』を不定期刊行。ブログ「俳句的日常」 twitter

■岡田由季 おかだ・ゆき 
 1966年生まれ。東京出身、大阪在住。「炎環」「豆の木」所属。2007年第一回週刊俳句賞受賞。句集『犬の眉』(2014年・現代俳句協会)。ブログ 「道草俳句日記」


0 コメント: