2018-03-18

〔今週号の表紙〕第569号 猫柳 大江進

〔今週号の表紙〕
第569号 猫柳

大江 進



樹木のことはよくわからんという人でも、ネコヤナギ(猫柳)はさすがにほとんどの人が知っているにちがいない。とりわけ自宅で猫を飼っていれば、とても馴染みのある親しい樹であり花だ。ビロードのような銀色の柔らかく細い毛に包まれた花芽は、たしかに猫の名前をいただくにふさわしいと思う。


写真は夕陽を浴びはじめた鳥海山と、その鳥海山から庄内平野に向かって流れ出し日本海に没する月光川(がっこうがわ)の河川敷に繁茂するネコヤナギの群落である。大量の雪をまとった2236mの高山や、堤防などの残雪を背景にしているせいか、びっしりと付いたネコヤナギの綿毛は枝に付着した雪のようにも見える。



小誌『週刊俳句』ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: