2011-01-09

2011新年詠(2) テキスト版

2011年新年詠(2)テキスト版


書き置きに雑煮のことも触れてあり  青島玄武
鳩が出るかと重詰を開きけり     青山茂根
掃除機の腹にサファイア去年今年   赤羽根めぐみ
正直に申せば不服初写真       小豆澤裕子
篝火のもとの真闇の年始かな     天野小石
年賀状持って社内をうろうろする   石原ユキオ
水槽をまぐろが泳ぐ四日かな     今村恵子
てのひらで洗ふ石鹸去年今年     今村 豊
暗き場所厨に残し女正月       宇志和音
水のせて鯉の浮きたる初詣      太田うさぎ
初読のそれも句帖よこのクチョウ   大塚めろ
福達磨蛍光灯を眩しがる       岡田由季
ローファットミルク初刷のよく冷えて 尾上恵子
見物のしろうさぎ湯気上がりけり   岡村知昭
初夢にきつねうどんときつねさん   小川楓子
初明り遥かの海を感じつつ      小沢麻結
老木の名を父に訊く初詣       金子 敦
歯を磨くコップの中も初日かな    川崎千鶴子
A面よりB面が好き初鏡       川崎益太郎
長し長しボートハウスの竹飾     菊田一平
だだだごごごご飛ばされゆきし去年  北川美美
椰子二本門松代わり羅府ラララ    句童ぐみ
防水の中也詩集と初湯かな      栗山 心
四方拝ろくでもない人生です     小林苑を
光るもの転がつてゐる御慶かな    近 恵
七草や使はれずある八頭       斎藤悦子
受領印押し年玉もらふ社長より    榮 猿丸
鳶の輪の高さと思ふ初御空      榊 倫代
初夢の残れる指を組みかへて     阪西敦子
牛に舐められぬ間合に初雀      鈴木牛後
初東雲外輪山を川曲る        瀬川剛一
はなびら餅句会の前のストレッチ   関根誠子
はればれと七草粥の膳につく     高浦銘子
わが浮力信じてをりぬ初御空     田中亜美
元旦の母が受話器の向こう側     月野ぽぽな
お元日もうすぐ百の祖母かこみ    津田このみ
年の夜をたどりぬ壁に沿ひながら   鴇田智哉
三毛猫の毛のふかふかとお元日    中嶋憲武
四日かな散歩の音はてくてくと    中塚健太
薺爪つむやよく鳴く海の鳥      中村 遥
デコちやんの映画見ながら年酒かな  猫髭
正月はいややきらいや宴酣      野口 裕
鏡餅火星はいつも上にある      野木まりお
独楽強く廻れ東京傾くまで      能城 檀
初夢の空白子規をもて埋める     橋本 直
陸橋へ出て初空を渡りけり      羽田野 令
初空や硬貨は胸に花は手に      浜いぶき
初春や夢は見るもの跳ねるもの    林 阿愚林
飽きもせず妖怪かるた拾ひけり    日原 傳
初空に赤玉ポートワインかな     廣島屋
初寝覚初湯初口付けなど初で     藤枝一実
七草を供されてゐる春画かな     藤 幹子
浦賀水道上空を飛ぶ旅はじめ     細川洋子
三日はやエクセルをたち上げてゐる  松尾清隆
人類の半分女初鏡          松野苑子
駅伝の最終ランナー梅ひらく     真中てるよ
年の端の鷹師にかかる鷹が息     満田春日
松過ぎの松に曙光のきてをりぬ    村上瑪論
元日にゆふぐれのあり手足あり    村越 敦
甘酒にほつり雪光る         矢野風狂子
鶏ガラの初荷の届く来々軒      山崎志夏生
粧ひを武装と思ふ初鏡        雪井苑生
御降を見上ぐる後首の肉       渡戸 舫



0 コメント: