2012-11-18

10句作品テキスト 中嶋いづる 秋熟す

中嶋いづる 秋熟す

蛇穴に愚直にのびる野鍛冶の火

地にすがる秋蝶不意の風に耐ゆ

陽だまりの猫見上げたり割れ石榴

後ろから自転車枯れてくる真昼

裏街に刃物の匂い柿熟す

魚臭の町争うごとく銀杏降る

運河に沿う煉瓦のうねり霧が這う

慟哭の牛朝霧の草を食む

鉄臭の残る手のひら秋惜しむ

寒林に追いつめられて鍵まわす

0 コメント: