2012-12-30

10句作品テキスト 上田信治 眠い

   眠い   上田信治

雪が降る頭をのせる枕かな
針金の荷札と枯草のいろいろ
公園の銀杏が散つてまつ暗に
坂道に冬の金魚を多く売る
生牡蠣の美しければさう言へり
数へ日のまた壁にゐる冬の蜘蛛
それぞれに箸の汚れし師走かな
泥薄くかぶりて冬を眠りけり
夕方の部屋夕方の電気ストーブ
葉牡丹に日のさしてゐる世界かな


0 コメント: