2013-04-28

10句作品テキスト 篠崎央子 日課

 日課  篠崎央子 

木更津は大き月あげ酢蛤
今日はもう寝ませうヒヤシンスに雫
春日傘さしぬ浮名の立たぬやう
懲り懲りと言ひて子猫を持ち帰る
亀鳴くやどぶろくのふと生臭き
のどかなる空のひと日を椅子の上
廃屋の窓開いてゐる春の暮
傘似合ふ妻でありたし花祭
泣くことを日課としたる馬酔木かな
ポタージュの重さ確かむ花の夜


0 コメント: