2013-10-13

10句作品テキスト 上田信治 SD

    SD   上田信治

 赤茄子の腐れてゐたるところより幾程もなき歩みなりけり 斎藤茂吉
赤茄子を二三歩離れものおもふ

 大きなる手があらはれて昼深し上から卵をつかみけるかも 北原白秋
秋の空時計が見えて大きな手

 壮年のなみだはみだりがはしきを酢の壜の縦ひとすぢのきず 塚本邦雄
千鳥酢の色立たせたる秋日かな

 行きて負ふかなしみぞここ鳥髪に雪降るさらば明日も降りなむ 山中智恵子
タクシーを降りれば雪の田無かな

 冬の日の丘わたり棲む連雀は慓悍の雄いまも率たりや 岡井隆
連雀やぱつと消えたる男伊達

 雨の県道あるいてゆけばなんでしょうぶちまけられてこれはのり弁 斉藤齋藤
しぐるゝや海苔弁うすく醤油味

 にぎりしめる手の、ほそい手の、ああひとがすべて子どもであった日の手の 笹井宏之
鍋釜に把手やさしき月あかり

 冷やし中華はけっきょく一度だけ食べて長い髪して夏をすごした 永井祐
冷し中華の写真が二枚電話の中

0 コメント: