2015-04-05

10句作品テキスト 阪西敦子 届いて

 届いて  阪西敦子

花時やいまも昔も頬やせて
腕組みのポケット歪む花見かな
春昼のネオン時々目覚めけり
桜さくら空の見えない桜かな
血管の眠りて桜色となる
田楽の跡の皿掻く串の先
爪切りて手の皺新た百千鳥
茫々と地下の涸びや花の雨
春灯の届いてをりぬ庭の椅子
硝子戸へ人よき顔を月朧


0 コメント: