2015-05-31

10句作品テクスト 下坂速穂 水脈

下坂速穂 水脈

雨粒の白や緑や更衣

帯の上に腹を垂らして町涼み

白日傘古地図の海のあたりまで

眺めては遥かに夏の心かな

一羽一羽鷺と覚えし南風

水といふ水にさざなみ梅雨晴間

子規の風吹く六月の木よ草よ

籐椅子に十七歳となりて猫

蜻蛉の生れて水に還るまで

月満ちてゆき欠けてゆく安居かな

0 コメント: