2015-11-01

2015角川俳句賞落選展 18 すずきみのる「初扇」テキスト

18.  すずきみのる 「初扇」

自転車の轍にじみて斑雪道
ローラーが雀がくれを熨しゆけり
春光や畠に呼び水用バケツ
抜く腸もぷりぷりとして春鰯
風に真向ふチユウリツプ赤も黄も
入学子教へ子として見わたしぬ
雑踏に遍路終えたる白衣装
京言葉枝垂桜を愛でゐたる
胸割かば桜や梶井基次郎
雲雀野に届く霧笛の切迫す
つちふるやグランドに脚からみあひ
天井より涅槃図床へ垂れゐたる
空やがて雲引きのばし春ゆふべ
飛行音とよもす空に初燕
青嵐になびくハートや航空祭
足元をロボツト掃除機聖五月
竿たわませてもつれあふ鯉幟
花芯よりつまみてはなむぐりを剥がす
とかげ息せりあまた罅あるつち壁に
みつちりとみしとさみどり小判草
言はざりしシヤツの背に蛾の貼りつくを
薔薇をきる雨のしづくを残しつつ
天墜つることもあるべし油照
名にし負ふ大くわがたのつぶれ貌
かの人の背筋正しき夏座敷
花火師を照らし出したる垂火かな
稜線をまなかひにして蕎麦の花
残業に疲れ七姫なる君よ
真榊を柱にさして神馬肥ゆ
玄関ににほふ銀杏踏みし靴
昼足らぬ歩数をかせぐ良夜かな
ほうと木菟窓を圧して山の闇
切りし爪庭まで飛びて秋うらら
小屋裏をのぞきてをれば秋の雷
針金の手脚伸ばせり鵙の贄
葱刻み終え包丁に水流す
脱力のセーター椅子の背もたれに
寒あかね鉄とガラスの美術館
寒鯔を手ばやくさばく水気たて
錯綜の枝のまなかにかぢけ鳥
夢寐にきく幽冥の楽もがりぶえ
大根の穴や異界に続く道
寒木瓜のそびらに枝の差し交はし
凍て灯すあまた名を彫る部落燈
クロゼツトの暗きに向けて豆をまく
初日の出天動説を許容せり
新聞の厚みうれしき初景色
初富士や住み古りゐたる富士見町
女正月なりけり寡男の厨事
初扇静かに閉ぢて仕舞とす





■すずきみのる
1955年生まれ。鳥取県在住。俳人協会会員。「参」「鼎座」「汀」所属。句集
『遊歩』。

0 コメント: