2007-10-14

魂の鱗 五十嵐秀彦

五十嵐秀彦  魂 の 鱗 




莫 莫 と 空 に 参 ら ん 木 の 葉 蝶

あ り し 日 の 文 法 歪 む 鶏 頭 花

水 葬 の 意 気 込 み 果 て ん 菊 見 て は

鉛 筆 の 尻 噛 む 音 の し て 無 月

無 月 無 尽 煉 瓦 倉 庫 の 猫 と な る

幹 く だ る 魂 の 鱗 や 居 待 月

皇 国 の ブ リ キ 装 甲 車 に 芒

ラ グ タ イ ム ピ ア ノ 残 菊 炎 上 す

十 月 の 帰 路 や テ ロ ル の 花 を 摘 み

秋 麗 や 鳥 人 三 山 に 参 る







2 コメント:

花森こま さんのコメント...

こちらへ投稿するのははじめてかと思います。
五十嵐さんの作風は、自然詠のようでいながらも「視線」が存在し、自然と一体化するようでいて、人間である自分の容量にとまどっている感があり、大変面白いですね。
「参る」は「詣る」とも解釈できて、深いものを感じました。

mumon1 さんのコメント...

花森こまさん

ありがとうございます。
《人間である自分の容量にとまどっている》とのご指摘、あまりに図星で、ギョ。でした。

秀彦