2007-11-11

後記+プロフィール 029

後記 1  谷 雄介
読むに足るものになっているかどうかは、すごく不安です。

ともかく、企画が動き始めてから1ヶ月。どうにかカタチになったものを見ていただけることに、ほっとしています。面白い、つまらない、感動した、私を海へ連れてって、などなど、気軽にコメント欄に感想をいただけるとうれしいです。

最後になりましたが、さいばら天気さんには、こういう場を与えていただいたことはもちろん、企画の初めから最後に至るまで、さまざまなアドバイスをいただきました。何だかすごく形式っぽい挨拶ですが、本当にありがとうございました。



後記 2  さいばら天気
トーキョーハイクライターズ(THC)で週刊俳句の1号ぶん、まるごと。「やってくれませんか?」とお願いするについて、深い考えがあったわけではありません。

「週刊俳句」は上田信治さんと私が切り盛りしていますが、「私たちがやっている」というのとは少し違う。毎週、「場」を用意しているという感覚。だから、誰かが、どこかが、1巻まるごとコンテンツを用意してくれてもいいし、それもおもしろいのではないか、と…。ううーん、考えが浅い。

浅慮断行。私の浅慮がどんな結果をもたらしたか、それは読者の皆さんがその目で確かめてください。


ユースケ君は、私からアドバイスをもらった、なんて、儀礼的なことを「後記」に書いていますが、私がお願いしたのは入稿手順くらいのものです。「ぜんぶ好きにやって」とお願いしました。

したがって、
栄誉はすべて彼らにあります。そして、記事の責任は、書いた人にあります(たとえ未成年だとしても責任を免れない)。

ただ、
「第29号を彼らに任せたという重大な責任が、私にはあります。責任を追及されるようなことがあれば(どんなケースだろう?)、ユースケ君たちを見捨てたりしません(オトナの謝り方・煙に巻き方を見せてあげます)。

THCは、プロフィールを見ていただければわかるとおり、メンバーの多くが大学生です。若者です。なかに、オジサンが若干名、どんな魂胆があるのか(周囲には知れ渡っているようですが、私には不明)、混じっていらっしゃいますが、まあ、おおむね、大学生たちによる俳句愛好会といっていいと思います。

私はTHCのメンバーの何人かと実際に会ったことがあります。みな聡明で礼儀正しく、かわいい子どもたちです。この年齢の頃の自分を考えてみると、今と同じにバカで、今思うと恥ずかしいくらいに生意気で、かわいげがなかった。それと比べては失礼ですが、ホント優秀。「俳句なんぞに関わらなければ、世の中の役に立つ人になれるのに!」などとお節介なことを考えてしまいます。

でも、そうした有為の人材が、寸時か永劫かはわかりませんが、俳句にウツツを抜かす、というのもまた、オツです。俳句的です。


ユースケ君からの入稿が始まったとき、〔自分はぜんぜん大丈夫じゃないのに息子・娘を「大丈夫か?ほんとに大丈夫か?」と心配しているダメなおとうさん〕のような気分で待機しました。はたして、記事は揃いました。めでたい。

記事は、掲げられたそのあとは読者のものです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

なお、今回のTHCのように「週刊俳句」をまるごとプロデュースしてやろうじゃないか、という方、グループ・団体様は、御連絡ください。「はい、どうぞ」と無条件にというわけには行きませんが、相談を持たせていただく用意はあります。

来週は、通常パターンに戻ります。次の日曜日にまたお会いしましょう。



no.029/2007-11-11 profile
※以下の出演者の中には、「THC所属です!」みたいな感じの人もいれば、そうでない人もいます。まあ、「THC関係者」くらいの感じで捉えていただければと思います(谷雄介)。

飯田哲弘 いいだ・てつひろ
1980年生。THC、東大俳句会、本郷短歌会。南伊豆出身、土佐育ち。自称「我は海の子・兎の子」。天文部・写真部・水泳部等所属。受賞歴:魚を綺麗に食べるコンテスト@高知県、優勝。ブログ「俳句という事故」http://tecchi1980.blog80.fc2.com/

生駒大祐 いこま・だいすけ
1987年生まれ。「東大学生俳句会」「THC」等で活動。

上野葉月 うえの・はづき
『豆の木』『THC』で活動中。ブログ「葉月のスキズキ」http://93825277.at.webry.info/

岡本飛び地 おかもと・とびち
1984年、愛媛県生まれ。高校2年の春、谷雄介と運命的に出会う。大学2年の春、谷雄介と運命的に再会する。大学4年の春、谷雄介に運命的に俳句の世界に誘い込まれる。好きな妖怪は一反木綿。

河本いずみ かわもと・いずみ
1986年、神奈川県生まれ。THC所属。句歴一年。好きな色は桃色。

北大路 翼 きたおおじ・つばさ
短詩系アーティスト。私は私を裏切らなければよい。座右の銘は「キャバクラは新人を狙へ」。

小林鮎美 こばやし・あゆみ
1986年群馬県北部山沿い生まれ。法政句会幹事。

佐藤文香 さとう・あやか
1985年生まれ。「ハイクマシーン」「里」所属。高校1、2年で俳句甲子園に出場。第四回団体優勝、第五回団体準優勝・個人最優秀賞を果たす。第二回芝不器男俳句新人賞対馬康子審査員奨励賞受賞。http://www.geocities.jp/aya6063/

谷 雄介 たに・ゆうすけ
1985年、愛媛県生まれ。「トーキョーハイクライターズクラブ」所属。第6回俳句甲子園、予選落ち。第2回芝不器男俳句新人賞、予選落ち。無冠。師匠は北大路翼。THCホームページhttp://www.thc-haiku.net

中田八十八 なかた・はちぢうはち
1978年生まれ。2006年より作句。THCを中心に、東大俳句会、早稲田俳句研究会および本郷短歌会等で活動中。理学博士。ブログ「番外札所」http://papahaiku.exblog.jp/

中村安伸 なかむら・やすのぶ
1971年、奈良県生まれ。第一句集『機械孔雀』出版未定。

瑞穂 みずほ
1986年生まれ。若き血を歌う早大生、愛車はママチャリ。THCの微笑み担当(自称)。

宮嶋梓帆 みやじましほ
1986年、愛媛県生まれ。「童子」所属。新童賞、第2回芝不器男俳句新人賞坪内稔典奨励賞。

モル
1986年生まれ。トーキョーハイクライターズクラブ所属。今一番行きたいダムは南相木ダム。ブログ「アボガドロ定数」http://1mol2mol.cocolog-nifty.com/blog/

山口優夢 やまぐちゆうむ
1985年、東京生まれ。東京大学理学部四年生。東大・早稲田など東京の学生俳句サークルやTHCの句会などに参加。第六回俳句甲子園団体優勝・個人最優秀賞。第二回龍谷大学青春俳句大賞大学生部門最優秀賞。第四回鬼貫青春俳句大賞優秀賞。好きな惑星は火星。ブログ「そらはなないろ」http://blog.goo.ne.jp/y-yuumu




4 コメント:

民也 さんのコメント...

 九人目の少年 by民也

突き一つ氷天の海潜りけり

得がたきもの凍てる海に鎮守りぬ

ぬくもりを求めて止まぬ浮寝鳥

白鳥よ青銅聖衣まとひ起つ

雪ひとひら拳に満つる小宇宙

避けもせず漢みるみる結氷す

石段や氷像走るひびの音

師と仰ぐをのこさへをも虎落笛

寒晒残し去りゆく君もまた

絶倫の兄弟ばかり神渡し

民也 さんのコメント...

 新説ピロロ物語 間夜の章 by民也

にじみ出るレッドスネークマーガリン

ついてこい!レッドスネークミスリード

怒るなよレッドスネークムーディー目

片腕やレッドスネークメイキャップ

全国のレッドスネークモニュメント

横柄可レッドスネークヤングマン

浮きまくりレッドスネークイリュージョン

一日、だけ?レッドスネークユニフォーム

お子様にレッドスネークエンブレム

精がつくレッドスネークヨーグルト


※新説ピロロ物語は0ギガトンカロリー!
 …0なのに太りそう…

朝比古 さんのコメント...

7割方拝読。

・・・メンバーの自選俳句読みたかったな。以上。

ユースケ さんのコメント...

>朝比古さま
あ、コメントありがとうございます!

今回は敢えて自選俳句は載せなかったんですよ。

何だかスペースもらった途端に「私たちの俳句を、さああなたたち読みなさいっ!」ってのは・・・大人気ないじゃないですか(笑)

もちろん代わりの企画は考えてます。しばしお待ちを。