2008-03-30

小倉喜郎 図書館へ


クリックすると大きくなります
週刊俳句第48号2008-3-30 小倉喜郎 図書館へ
テキストこちら週刊俳句のトップページに戻る

1 コメント:

匿名 さんのコメント...

  椅子持って紋白蝶についてゆく

  ジーンズのポケットの穴藪椿

  キスをする春の地震の少し後

句集『急がねば』が、セピア系無彩色、暖かい無機質だったとすれば、
「図書館へ」は、鉛筆に淡彩、軽く透明な感じがします。
小倉さんのフェミニンな部分が出てきたのかもしれませんね。