2010-05-09

林田紀音夫全句集拾読114 野口裕


林田紀音夫
全句集拾読
114





野口 裕



膝抱く疲労金網の目ばかり殖え

遠く血流れ眼底に錆釘殖え

暗い数字を消す群衆の背ばかり殖え

昭和四十一年、未発表句。一句置きに同じ止め形で三句並んでいる。作者の内部では連想の流れとしてのつながりがあると想像される。


旋盤の昼の裸燈に砲煙匂う

昭和四十一年、未発表句。朝鮮戦争はすでに遠く、ベトナム戦争はまだ話題に上りにくい時期。紀音夫の内部には戦争が巣くっている状態である。「昼の裸燈」が、薄暗い町工場を思わせ効果的な措辞。


低唱の水の賛美歌レール錆び

昭和四十一年、未発表句。句集に残しておいても良さそうな句。叙景に終わっていると見たのだろうか。


祝婚の日が暮れて空青くのこる

昭和四十一年、未発表句。「紀代子結婚」の前書あり。林田紀音夫の夫人の名は、この本のあちこちに紀代(キヨ子)と書かれている。よく似た名の別人なのか、それとも自身の身体もしばらく死の可能性から遠ざかり、安定した職業があり、子も得たのでようやく入籍する気になった事実を指すのか。巻末の年譜は、「林田はその年譜で明らかにしていないが、昭和二十二年~二十四年の間に紀代(現キヨ子)と結婚したものと考えられる。」としているので、別人の可能性が高いが、気になる前書である。

0 コメント: