2010-05-02

野口裕さんよりのご祝辞

野口裕さんよりのご祝辞

※当日、開会の辞、田島健一さんによるご祝辞の後、
読み上げて紹介させていただきました。


週刊俳句オフ会にお集まりの皆様、お会いできず残念です。

こちら、「林田紀音夫全句集拾読」を、だらだらと書き続けている野口裕(のぐちゆたか)と申す者です。なぜか創刊準備号から読んでいて、もっぱらROMだったのに、どこをどう間違えてか、なにかごそごそと書くようになり、今日に至っています。

行きたかったのですが、次の日の都合があり、欠席という残念な結論になりました。

当日は、たぶんあの人もこの人も出席なんだろうな、みんな会ったことないのになと、ぐじぐじ想像して一日を過ごしてしまいそうです。

週刊俳句が百号を迎えたときに、こんなことを書きました。

…………………………………………
発刊から、もう二年近くになるわけだ。

なぜ、週刊俳句が続いたかは、手弁当の編集者の存在が大きい。

その精神は、俳句というジャンルを越えて、GNU(グヌー)、LINUX(リナックス)などのオープンソフトウエア、グーテンベルグ計画や青空文庫、ウィキペディアなどの流れに位置づけられる。

あまり、俳句俳句していると、そんなことも思い浮かばない。私も今頃気付いた。

気を付けよう。

とにかく、めでたい。
…………………………………………

これを書いたときと、気持ちは変わりません。編集の皆様、いつもご苦労様です。

0 コメント: