2011-12-04

後記+プロフィール241

後記 ● 上田信治

今週も寄稿諸氏と読者の皆様のおかげで、真摯で面白く上質な記事と俳句をお届けできることは、ありがたくも喜ばしい限りです。



そして、今号の面白さをがっちり引き上げてくださっているのが、鶴岡加苗さんの「私が「週俳10月の俳句を読む」「週俳11月の俳句を読む」 への寄稿をお断りした理由」。

その理由とは小誌236号記事「角川俳句賞受賞作「ふくしま」他5作をハイクマシーンが読む」が、「どうしても消化できないから」だと言われる。記事の当人としては、鶴岡さんの問いかけに、何らかの形でご応答しなければならないと思いました。

編集後記というこの場が、それにふさわしいかどうか分かりませんが、たまたま今週の当番が上田だったので、こちらで書かせていただきます。



鶴岡さんの挙げられた「がっくりした」「気分が悪くなった」点は、二つ。

上田(ハイクマシーン)による、受賞作「ふくしま」に対する批判は、作者に対する攻撃になっている。

佐藤(同)が対談中、震災俳句の発表には何重にも慎重になるべきと言いながら、自らは、「ふくしま」をテーマにした連作を発表する、と宣言。それに上田が笑いで応じた。

一つめのご指摘、ちょっと困りました。じつは、私は、作品批判が作者に対する批判を含むことを、NGであるとは、全く思っていません。

「よくよくきいてみたら、批判者は、作者のような人が嫌いなだけだった」というようなことが、もしあれば、それは好ましくない。作品批判と作者自身に対する攻撃がすり替わることは、恥ずかしいことだと思います。

もっとも「作品が鈍感だ」と言えば、それは「作者が鈍感だ」と言っているのと、実は同じ意味です(佐藤さんのフォローを無にしてしまいますが)。

しかし、それは「攻撃」ではない。作者を傷つけることを意図しているのではないからです。これは、受け取り方の問題ではなく、作品を発表することと評価にまつわる、常識のようなものだと私は考えます。

もし作者の方が「私に対する攻撃だと思った」と言われたら、作品に対する批判は作者に対する攻撃ではありません、とお伝えしたい。

私が「俳句って人を鈍感にするものだ」と書いたことを、鶴岡さんは、作者に対する攻撃であると感じられたようですが、そこは、俳人一般に対する攻撃、あるいは文字通り、俳句というものに対する攻撃、と取っていただきたかった。

二つめのご指摘。鶴岡さんは、佐藤さんについて「受賞作「ふくしま」に対抗するための作句動機を宣言する」と書かれていますが、それはまあ、誤解だと思います。

佐藤さんの作品は、震災にまつわる彼女の極私的な経験を、あまりドラマ仕立てではない、かなり不器用な(何言ってるか分からない、つぶやきのような)書き方で書いたものでした。

それが、読み手の受け取り方を十分に配慮したことになっているかどうか(その必要があるのかどうかも含めて)、自分にはよく分かりませんが、ひどく無神経というような内容ではなかった。「ふくしま」というタイトルでもありません。

ご理解いただければ、ありがたいです。「だははは」という笑い方は、品がなかったかもしれません。



あ、そういえば「落選展を読む」のほうも、人格攻撃と取られても仕方がないって、別方向から言われてたんでした。

http://twitter.com/#!/mne424/status/140806738734624768

たぶん私の「俳句に「おつきあい」しちゃってる感 短歌をやってた作者と知って言うわけではないけど、やりたいことが、もっと見えてくると、いいのにという感じでした」という発言のことだと思うんですけど、んー、私、つまるところ作品のことしか言ってないつもりですが。

あれですね、どこかびみょうに、決定的に、自分は鈍感なのだろうな、という認識が、ひたひたと押し寄せてきつつ。

やはり、この場はふさわしくなかったか、と思いつつ。



また次の日曜日にお会いしましょう。


no.241/2011-12-4 profile

原 雅子 はら・まさこ
昭和22年東京生まれ。加藤楸邨に師事。現在「梟」同人。句集に『日夜』『束の間』。

■高勢祥子 たかせ・さちこ
1976年神奈川県生まれ。「鬼」会員。
2011年、合同句集『水の星』。

■御中虫 おなか・むし
所属結社なし。

■小林苑を こばやし・そのお
1949年東京生まれ。「里」「月天」「百句会」「塵風」所属。句集「点る」(2010年)上梓。現代俳句協会会員。

■松尾清隆 まつお・きよたか
1977年神奈川県生まれ。「松の花」同人。
■山田露結 やまだ・ろけつ
1967年生まれ、「銀化」同人。ブログ「Rocket Garden ~露結の庭~」http://yamadarockets.blog81.fc2.com/ 共著『俳コレ』(近刊)。

■岡田由季 おかだ・ゆき
1966年生まれ。東京出身、大阪在住。「炎環」「豆の木」所属。2007年第一回週刊俳句賞受賞。ブログ「ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記」

■鶴岡加苗 つるおか・かなえ
1974年生まれ。2003年「夕凪」入会。06年「狩」入会。08年「狩座賞」受賞。「狩」同人、「夕凪」同人。俳人協会会員。

■野口 裕 のぐち・ゆたか
1952 年兵庫県尼崎市生まれ。最終号となる、二人誌「五七五定型」(小池正博・野口裕)第五号を鋭意作成中。既刊希望の方は、yutakanoguti@mail.goo.ne.jp まで。進呈します。サイト「野口家のホーム ページ

■上田信治 うえだ・しんじ 
1961年生れ。「ハイクマシーン」「里」「豆の木」で俳句活動。共著『超新撰21』『虚子に学ぶ俳句365日』。共編著『俳コレ』。ブログ「胃のかたち」

0 コメント: