2014-02-09

10句作品テキスト 原知子 お三時

原知子 お三時

異体字が紛れておりぬ春の闇

蠟梅の黄にうつくしき鼻濁音

ささやかな誤植がありて菫色

髪に挿しまだ息をしている椿

紅梅のそこまで迫る事変かな

遠縁を訪ねてきたる桜貝

お三時や二人で汚す春の指

驚けば瞬きいくつクロッカス

クレソンを咥えてすこし非日常

旅行記に雨の匂いの残りけり

0 コメント: