2015-01-04

【八田木枯の一句】何もなきことなどはなし初景色 西村麒麟

【八田木枯の一句】
何もなきことなどはなし初景色

西村麒麟


『夜さり』(2004年)より。

何もなきことなどはなし初景色  八田木枯

確かに。

年末はわけのわからないまま過ぎて行き、気が付くとあっけなく新年を迎える、昔も今もそういうものだ。

まぁでも、そうは言っても、何もなきほどでは無いのである。

走りに走った年末の後に、新年だからと少しだけぼーっとする、これもまた人生で一番楽しい時間の一つだ。

新年を迎えると、いつも木枯さんが一月一日生まれだということを思い出す。木枯さんの初景色は誕生日の日でもある。

何もなき日なわけはない。

亡くなる二ヶ月前に最後に木枯さんに句会でお目にかかった時、たまたま僕の方を見て言葉をかけて下さった。

「君達の世代では、新年の、感じも、なかなか実感できないかもしれないけれど…」

「新年」のもつ美しさを最後に伝えて下さっているようだった。

木枯さんは新年が好きだった。

0 コメント: