2015-05-24

【八田木枯の一句】天井の上に天あり水中り 西村麒麟

【八田木枯の一句】
天井の上に天あり水中り

西村麒麟


『夜さり』(2004年)より。

天井の上に天あり水中り  八田木枯

あぁ、痛い。お腹が痛い。

眠くて眠るのと病気で横になっているのとでは大分違う。

病気で横になっている時には、寂しく、退屈であり、それを過ぎると何だか頭の中が冴えてきて透明な気分になる。

幼い頃、虚弱体質と喘息でたびたび入院をしていたが、することもなく、そもそも元気でもなかったので、よく天井を見つめていた。二日や三日の話ではなく、毎日毎日天井を見つめていた。

信じないかもしれないけれど、これが結構楽しいのだ。

あぁ、痛い痛い…。

天井の上に空が、いや、天か。

病人には病人の、楽しい遊びがある。



0 コメント: