2016-11-13

〔今週号の表紙〕第499号 御蔵島 佐藤文香

〔今週号の表紙〕
第499号 御蔵島

佐藤文香



御蔵島に行った。みくらじま、と読む。八丈島からヘリコプターに乗った。イルカと巨樹の島で、名産はツゲとアシタバらしい。雑草が分厚く、葉脈がゴツい。

昼間仕事をして、村営の宿に泊まった。夕飯のとき、生ビール(小)と焼酎「島の華」ロックを飲んだ。アシタバはチーズとトマトと和えられていた。よっぽどもう1杯飲もうと思ったが、まわりのお客さんが誰もいなかったので、すごすごと部屋に帰った。

翌日は朝から山歩きへ。広瀬さんに服一式を借り、観光協会でピンクの長靴を借りた。日本一の巨樹を見に行くこともできたが、島の反対側にある池に行った。山だった。リトル屋久島みたい、らしい。島全体がお椀をひっくり返したようなかたちで、西側の山裾であるところの海沿いに、島の全員が住んでいるらしい。役場の隣が学校で、学校の前がヘリポート、そのまま行くと港である。

昼は魚のフライ、そのあと塩ジェラートを食べた。ジェラートもあるお土産屋さんで買ったお土産を、お土産屋さんに置き忘れて、お土産屋さんのご主人が届けてくれた。お土産は自分用で、料理につかう木ベラである。

帰りのヘリコプターに乗るとき、みんなが見送りに来てくれた。校長先生も来てくれた。みんな、手を振り慣れている。

ヘリの中から八丈島の野球場が見えて、これで帰れるな、と思った。






週俳ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: