2016-11-13

【句集を読む】くろかみ 恩田侑布子『夢洗ひ』の一句 西原天気

【句集を読む】
くろかみ
恩田侑布子夢洗ひ』の一句

西原天気


くろかみのうねりをひろふかるたかな  恩田侑布子

歌留多(小倉百人一首)の高貴な女性(21人?)はみな(?)長い黒髪。「ひろふ」の語が伝える動作は、競技かるたのような俊敏かつ激烈なそれではなく、優雅。

女性の文字たるひらがなで17音をかたどることで、黒髪の流れるような「うねり」も伝える。


ほか集中より何句か。

ころがりし桃の中から東歌

落石のみな途中なり秋の富士

飛ぶものに星のほかなき涼しさよ


0 コメント: