2016-12-04

〔今週号の表紙〕第502号 ご利益 藤原暢子

〔今週号の表紙〕
第502号 ご利益

藤原暢子



12月3日は秩父夜祭。武甲山の男神さんと秩父神社の女神さんの年に一度の逢瀬。ロマンチックだ。

しかし、武甲山の神様には本妻がいる。4年前、祭の宵宮にぶらぶらしていたら街の裏手の駐車場に出た。その片隅にある小さいお宮には、どっさりのお供え物。大勢の祭男どもが参っていたのである。

「明日の祭の前に本妻さんに謝っておくんだよ。」

本妻、諏訪社だった。寒空の下、祭おじさん達に教えてもらう神様の浮気話。酒と肴つき。以来、いろんな気持ちも込めて、祭の際に、諏訪社に立ち寄るようになった。

学生時代から夜祭には通っているのだが、この諏訪社にはじめて会った年の3日(祭当日)は、不思議とそれまで未知であった祭の場面に潜り込めた気がする。


週俳ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: