2018-04-08

後記+プロフィール 第572号

後記 ◆ 岡田 由季


入学のシーズンですね。
ピカピカの一年生、とはよく言ったもので、何もかもがこれからで、どんな道でも歩める新入生の存在は、とても眩しく思えます。

「将来、何になりたいですか」という質問。自分のことを振り返ってみると、うんと幼い頃は「お花屋さん」と答えていたような記憶があります。単に花が好きで、小さい女の子の答えとして、受けも悪くなかったからです。学校に行くようになると、それではあまりに短絡的だと思い、親の職業である「新聞記者」と答えていた時期がありました。しかしその答えは、意外に目立ってしまい、周囲の反感を買うことに気付き、無難と思われた「学校の先生」という答えを用意するようになりました。実に忖度まみれの子供でした。

本音を言うと、自分に何ができるかもわからないし、将来の予測もできず、そんな質問自体が煩わしかったのです。

年齢を重ねると、未来の選択肢が減ってしまいますが、それも案外、気楽だと思ったりします。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.572/2018-4-8 profile

■小津夜景 おづ・やけい
1973年生まれ。無所属。句集『フラワーズカンフー』 。ブログ「フラワーズ・カンフー

■中内 亮玄 なかうち・りょうげん 『海程』『狼』同人、現代俳句協会員。俳聖金子兜太に師事。好きなギタリスト、ヌーノ・ベッテンコート 

中嶋憲武 なかじま・のりたけ
 1994年、「炎環」入会とほぼ同時期に「豆の木」参加。2000年「炎環」同人。03年「炎環」退会。04年「炎環」入会。08年「炎環」同人。

■大江進 おおえ・すすむ1953年生まれ。本業は木工(注文家具・木製小物など)。鳥海山麓に住んでいることもあり、自然が大好き。ジオパーク認定ガイド。俳句は約20年前から作っていますが、最近は酒田市を中心として10名ほどのメンバーで「青猫」句会を毎月開催。ブログ www.e-o-2.com

■西原天気 さいばら・てんき 
 1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。笠井亞子と『はがきハイク』を不定期刊行。ブログ「俳句的日常」 twitter

■岡田由季 おかだ・ゆき
1966年生まれ。東京出身、大阪在住。「炎環」「豆の木」所属。2007年第一回週刊俳句賞受賞。句集『犬の眉』(2014年・現代俳句協会)。ブログ 「道草俳句日記」

0 コメント: