2010-12-19

10句作品テキスト 広渡敬雄 山に雪

 山に雪   広渡敬雄

信濃には「信濃毎日」豊の秋

たたたたと音散るヘリや日短か

木枯し一号何となく父のこと

こけしの目眉より細し山に雪

空になほ山の輪郭冬の星

さざんくわや鋏使はず封を切り

おとなしく抱かるる猫や煤払

吹雪く夜の鶏殻の灰汁とめどなし

折鶴にわづかの風や深雪晴

葉に触れて柊の花こぼれけり

0 コメント: