2012-11-11

10句作品テキスト 森賀まり 左手

左手   森賀まり


自画像の左手隠れ落し水

芒より歩み出て立ち塞がりぬ 

顔ちがふやうにも見えて芒原

今引かれたる線上の秋茜

秋袷背中に指の届かざる

振り返りつつ残菊を剪りくれし

船の窓丸く並びし小春かな

草枯やかたぶく船に近づきゆく

色のなきかほとなりたる時雨かな

茶の花や煙の匂ふ服を吊り


0 コメント: