2014-05-25

10句作品テキスト 池谷秀子 蝉の穴

池谷秀子 蝉の穴

初夏やマチスの金魚見に行かん

衣更へて見知らぬ人へ書く手紙

ソーダ水飲んで若さを無駄遣ひ

水打つて夜が来るのを待つ子供

星涼し互ひの距離を侵さずに

熱の子に蚊帳の天井低かりし

子育ての日々の遠しよ蝉の穴

桐咲くやすでに長男老いはじめ

夏至の夜のもつとも遠き足の指

少し背の伸びたる心地白日傘

0 コメント: