2014-06-08

10句作品テキスト 原田浩佑 お手本

 お手本   原田浩佑

お手本をなぞると猫が濡れている
肩と肩触れあう昼の岬かな
ネクタイをほどききるころ麦の酔
重たさの紫陽花紺を身に受けて
くちばしに朧の月をもてあます
机のない椅子を残らず倒せ蝉
鳴りやまぬ夜の電話を蝌蚪の紐
指いまだ箒の夢をみていたり
春の夜に乾く無人のバスの中
螢火よ何かが足りぬ炒飯よ

0 コメント: