2015-07-12

10句作品テキスト 安里琉太 なきごゑ

安里琉太 なきごゑ

扇風機表紙の海のひらひらす

象潟の此処らは紙魚の腹のなか

灯ともせばいづこの影も夜涼かな

ときじくの鰡のあぎとふ合歓の花

かき氷丈の高さをほめそやす

夏痩の瞳は雲をうつしけり

みづうみのなくて風吹く大暑かな

吾もまた灼くるひとつとしてゐたり

なきごゑの四方へ抜けたる夏落葉

シャワー浴ぶまなうらに日の沈まざる

0 コメント: