2018-12-30

週刊俳句2018年アンソロジー 45名45句

週刊俳句2018年アンソロジー 
4545


花びらはふちより傷み寒椿  塩見恵介  第560号

冬眠や昔の受話器重かりき  橋本小たか  第561号

姿なき鳥のこゑより寒明くる  堀切克洋  第563号 

のど飴を温めている紙懐炉  野口裕  第564号

雪靴の試し履きなり雪を踏む  黄土眠兎  第565号 

万国旗ずたずたにして冬に入る  川嶋健祐  第566号

そぼ濡れてあたり白梅ばかりなり  近江文代  第568号

首都を出てすぐ八千草の国となる  高山れおな  第570号

春なれやとろけさうなる鯉のひれ  名取里美  第570号

闇つうと蛇の鼻腔を抜けて春  吉川創揮  第573号

ひきがへる鳴いて夕べの白き皿  三輪小春  第575号

そこにまた別の椿がひたと落つ  小山森生  第576号

ケルンより離れて低き遭難碑  広渡敬雄  第577号

小手鞠に風は囁く『お腹空いた!』  藤田亜未  第578号

琉金の鈴鳴るやうに寄りきたる  川嶋一美  第579号

ひと雨の予感に栃の花が降る  浅川芳直  第580号

敗けつづけでゆく花いばら摘んでゆく  佐々木紺  第580号

さみだれや猫に齢のなきごとく  小山玄黙  第581号

朧夜を港のように明滅せよ  丸田洋渡  第582号

蝦蛄を剥く教祖の顔が義姉(あね)に似る  八鍬爽風  第583号

いいえ花はどこへ行ったの排卵日  加藤知子  第584号

すれちがふたびにほたるとなりにける  紆夜曲雪  第585号 


古書積みし間を行くでなく蟹の歩は  吉田竜宇  第586号

滝の上に神様がゐて弾みをり  西村麒麟  第586号

脱臼をしたの山椒魚なのに  紀本直美  第586号

引きあへる力もて揺れ蝌蚪の紐  金山桜子  第587号 

柿若葉ひげも剃らずに会ひにきて  秋月祐一  第588号

裏切の水鉄砲を受けて立つ  堀田季何  第589号

龍淵に潜むけはひの空家かな  森尾ようこ  第591号 

赤とんぼひとりで帰れますと言う  池田奈加  第592号 

初蟬の一息の間の静かなり  浜松鯊月  第592号 

ぬいぐるみに肉球のあり明易し  及川真梨子  第593号 

あふむけのかなぶん返しやれば飛ぶ  対中いずみ  第596号

はじめて聴く君の寝息と秋の雨  佐藤廉  第596号

触り倒して買わぬタオルよ秋うらら  津田このみ  第597号 

檸檬切る初めから愛なんてない  なつはづき  第598号 

遊廓の跡にたばこ屋小鳥来る  市川綿帽子  第599号

泪してこのよならずや菊枕  今井豊  第601号 

曼珠沙華孤心の奥に孤心あり  中岡毅雄  第601号 

屋上の最前線に秋の空  中田美子  第605号

築地もはやマスクの中の凪ぎごこち  大塚凱  第605号

火の恋し石包丁に孔ふたつ  花谷清  第608号

つめたいものとぬくいものごと  樋口由紀子  第609号

ゆつくりと空みせてゐる障子かな  浅沼璞  第609号

句帳置けば棺の冬菊沈みたり  相子智恵  第609号



(福田若之・謹撰)



0 コメント: