2019-02-10

10句作品 五十嵐箏曲 たまの嘘

画像をクリックすると大きくなります



五十嵐箏曲 たまの嘘

早起きやすでに割られてゐる氷
節分の豆は本気で投げていい
かといつて鬼やらひにも礼儀はある
なまはげが来たら今でもたぶん泣く
浅春の風に揺らめかない鼻毛
「病的に素直」が梅の花言葉
春の月たまには近所でも迷ふ
皮むきのアスパラの筋透けてゐる
流氷をたぶん一度も見ずに死ぬ
雪解けの雪は汚いから嫌ひ

0 コメント: