2021-03-21

どこかで 近恵 10句

 

クリックすると大きくなります

どこかで  近恵

雨恋し恋しと落椿腐る

勝てる気の全然しない猫柳

一面のなずなの花の震えだす

牛乳を零し春泥おいしそう

木蓮が光って海をひとが来る

水を掻くかすかな音も桜の夜

雪柳墓石わずかにずれている

耳の穴まで春塵にまき込まれ

両腕で広げればはためく若布

ぬけがらの何処かで燃えている野焼

0 コメント: