2022-05-01

対中いずみ【空へゆく階段】№68 解題

【空へゆく階段】№68 解題

対中いずみ



「俳句」2003年4月号掲載。「定型の底知れぬ力」という特集のなかの一篇である。総合誌の役割上か、初心者向けにわかりやすく書かれている。衒うことなく明晰である。「切字による韻律が句に立体感をもたせ奥行を生む」。そうか、なるほど、と今にして感じ入る。もっとこういう文章も書いてほしかった。


0 コメント: