2008-01-06

12月の俳句を読む 榊倫代

【週俳12月の俳句を読む】
榊倫代
妄想入りました





セーターを一人は脱げり美術室  太田うさぎ


題が「胸のかたち」で掲句が一句目。邪道な読み方ですが、セーターを脱ぐことでシャツごしにあらわれてくる胸の形を思いました。

昔から、シャツのボタンを外したときにちらっと見える胸元とか、腕まくりとかに弱いのです(どうでもいいですね)。

美術室という場所もいい。図書室とか理科室とかと比べると、どことなくデカダンな香りがします。同じ芸術系でも音楽室にはない空気。紙や木の切れっぱしとか、デッサン用の胸像だとか、作りかけの作品とか、絵の具や粘土の匂いとか、雑然というか混沌とした空間から生まれるものでしょうか。

紺のセーターに白いシャツの美少年なら完璧です。新年早々妄想入りました。


浜いぶき 「冬の匂ひ」10句 → 読む
小池康生 「起伏」10句    → 読む
田島健一 「白鳥定食」10句  → 読む
太田うさぎ 「胸のかたち」 10句  →読む
冨田拓也 「冬の日」 10句  → 読む
相子智恵 「幻魚」 10句→読む
笠井亞子 「page」 10句  →読む
中原徳子 「朱欒ざぼん」 10句→読む
矢羽野智津子 「四〇二号室」 10句 → 読む
仲 寒蝉 「間抜け顔」 10句 → 読む

0 コメント: