2008-02-24

後記+プロフィール 044

後記  上田信治


今週の haiku mp2 は、ニコニコ動画から見つけたものです。とっくにご存じという読者の方も多いでしょうが、自分は、groovision によるCGを、人力で再現した「中曽根off」という動画から先に見てしまったので、「なんだ、この、よく分らないルールで統一行動をとっている集団は?」と、ずいぶん驚いたものでした。

ニコニコ動画には、他にも多くの「踊ってみた」「歌ってみた」「演奏してみた」というジャンルに分類される動画があって、日々、無償の芸術行為が、一般に公開されています。

そして、そこには「ニコ動」特有の「コメント機能」(動画の画面上に、ヤジのようにしてコメントを書き込める)によって、多くの賞賛や中傷の声が寄せられるわけです。

そんな評価の暴風圏のような場所に、人は進んで身を晒してしまう。それはきっと、誰のなかにも、人に喜ばれたくて仕方のない「犬」のような性分が、あるからではないでしょうか。

あれ? だから「第2回週刊俳句賞」に応募してください、という話を書きたかったのですが、うまくつながらな…………あ、そうだ、自分も、週俳に10句書かせてもらって、えらく嬉しかったという話でした。

そういうことなので、大学生・専門学生のみなさま、ぜひとも「第2回週刊俳句賞」にご応募くださいますよう、お願い申し上げます。



今号「第一句集を読む」で、山口珠央さんにご登場いただきました。「澤 五周年記念号」(2005)掲載の、山口さんの短文の「長距離走者の孤独、または禿げたら剃るにかぎる」というタイトルが忘れられません(もちろん内容も)。

山口さんが文中にもお書きですが、「セレクション俳人05小澤實集」には、小澤實第一句集『砧』第二句集『立像』が、全句収録されていてお得です。

あ、山口さんは女性です。為念。短文のタイトルの「禿げ」は、フーコーのことなんですね。


今号は、長文の論考が2本並びました。

長い文章を、画面上で読むのはしんどいことですが、いずれも、多少の目の充血と引き替えにするに十分すぎる内容の、力作です。

ブラウザの文字サイズを「大きく」して、お読みいただければ幸いです。


では、また日曜日にお会いしましょう。



no.044/2008-2-24 profile

■山口珠央 やまぐち・たまお
1975年生れ。2001年「澤」入会。2004年より同人。
2003年、小説『ジュビリー』出版。

■五十嵐秀彦 いがらし・ひでひこ
1956年生れ。札幌市在住。現代俳句協会会員、「藍生」会員、「雪華」同人、迅雷句会世話人。第23回(2003年度)現代俳句評論賞。サイト「無門」 http://homepage2.nifty.com/jinrai/

■野口 裕 のぐち・ゆたか
1952 年兵庫県尼崎市生まれ。小池正博と二人誌「五七五定型」を年に一度出す。昨年11月に、第二号を発行。入手希望の方は、 yutakanoguti@mail.goo.ne.jpまで(定価なし)。その他、「もとの会」、「北の句会」、「樫句会」、「逸」、「垂人」に参加。 サイト「野口家のホームページ」http://www.saturn.dti.ne.jp/~ngyutaka/

■上田信治 うえだ・しんじ 
1961年生れ。「ハイクマシーン」「里」「豆の木」で俳句活動。ブログ「胃のかたち」 http://uedas.blog38.fc2.com/
ハイクマシーンhpは、近日、3月はじめにリニューアル予定。



1 コメント:

民也 さんのコメント...

 新説ピロロ物語 春満喫編 by民也

水仙やおしつこ掛けるレッドスネーク

白梅やヨードチンキの壜空に

紅梅…になるはずもなく頭掻く

枝垂梅レッドスネークゆるみ中

万両の実の首飾り落ち着かず

白木蓮赤くへのへのもへびかな

白椿せつせと川へレッドスネーク

赤椿アロンアルファで直しけり

この色でライトアップの花辛夷

白蝶や東のレッドスネーク西のレッドスネーク


※木工用がベスト、かと…