2018-01-21

【週俳12月の俳句を読む】心に響く 竹内宗一郎

【週俳12月の俳句を読む】
心に響く

竹内宗一郎


心に響く俳句には、個性がある。個性の所在は、対象となる「もの」だったり、「こと」だったり、テーマだったり、切り取り方だったり、表現方法だったり。

多くの人が抱いている「俳句」に対する先入観、思い込み、間違った一般的な情緒を打ち破り、作品が個性をもって読み手から詩としての価値を得たとき、俳句は作品として普遍性を持つことになる。


松井真吾 フラメンコスタジオ

スリッパの重ね連なる雪催   松井真吾

団体客用の旅館とか、企業の保養所とかをイメージした。もちろん上等なスリッパではない。使い古されたスリッパである。「重ね連なる」がそれを象徴する。そしてそれに続く「雪催」という季語が実にスムーズに周りの環境(場所、時候)を表出させることに成功していると思う。

葱構えわたしのほうへ歩きだす   松井真吾

緊迫感あり。何か危機を感じるシーン。この切り取り方が個性的で見事。台所から作者をキッと睨むご夫人を想像してしまった。が、しかし命まで奪われるほどではなさそう。頭が多少葱臭くなることはあるかもしれないが。


桐木知実 控え室 

鴨なくやキリスト教の街宣車   桐木知実

鴨の声から入る、そして「や」で切れてはいるが、それに重なるようにキリスト教の街宣車のスピーカーからの声が近づいて来る。こう来ると私など勝手に東京上野界隈、不忍池あたりを想像してしまう。神社仏閣老病死とは無縁の間違いなく現代の景。


滝川直広 書体

廃屋をこはさぬやうに照らす月   滝川直広

静かで端正な把握。「こはさぬやうに」で優しい月明かりが見えてくる。こういう繊細な把握も個性であり、詩をもたらすのに重要な要素だと思う。


上田信治 朝はパン

鳩とガスタンクもうすぐクリスマス  上田信治

「鳩」と「ガスタンク」の取り合わせが好い。ここで読者は視覚的に過去に見た景色、空間をイメージする。ただ、ここまではどちらかといえば無機的で情緒を排した把握。それが「もうすぐクリスマス」という時間の表出で一変する。クリスマスに対する各々の読者の思いが一気に作品のイメージを膨らますのだ。お見事。


村田 篠 握手

左右から別の音楽クリスマス  村田 篠

クリスマスの街の喧騒。歩いていると、左右の店舗から聞こえる別の音楽。あるいは違う商店街のスピーカーなのかもしれない。さもありなん。まさに現代の街の様子をしっかりとした聴覚で捉えた。

冬晴や巣鴨プリズン跡に猫  村田 篠

キーンと冴えわたる青空。巣鴨プリズン跡といえば、見上げれば池袋サンシャインである。しかしそこから視線は下方へ。最終的に焦点が当たるのは、そこに居る猫である。これで絵が完成する。鮮やか。

手袋を脱いで握手のあたたかき  村田 篠

手の温かい人は心が冷たい、などと言われたりする。だけど、実際手袋を脱いで握手するとき、手袋の中にあった手はきっとあたたかいだろう。そんなところに着目するのも個性。


西原天気 抱擁

夜遊びは夜空のやうな毛皮着て  西原天気

「夜遊び」ときて、「夜空のやうな」でぐっと読者の心を掴む、書かれていないことまで考えさせる、想像させる。仕方ないですよそれは。何しろ夜遊びなのだから。うーん「夜空のやうな毛皮」この把握、感覚が心に響く。

コートごとぎゆつてしたいけどがまん  西原天気

素晴らしい。「がまん」で終わる句を初めて見た。「コートごと」の言葉の選択も好いし、「ぎゆつてしたい」と幼児のような言葉遣いで心根を表出させるのもまさに個性。そうです、がまんがまん。



岸本由香 勘忍 10句 ≫読む
松井真吾 フラメンコスタジオ 10句 ≫読む
桐木知実 控え室 10句 ≫読む
鈴木総史 町暮れて 10句 ≫読む
滝川直広 書体 15句 ≫読む
上田信治 朝はパン 10句 ≫読む
福田若之 パサージュの鯨 10句 ≫読む
村田 篠 握手 5句 ≫読む
西原天気 抱擁 5句 ≫読む
岡田由季 接吻 5句 ≫読む

0 コメント: