2018-02-18

〔今週号の表紙〕第565号 しばらく 牧岡真理

〔今週号の表紙〕
第565号 しばらく

牧岡真理

知らない駅で待ち合わせをするときは、少し早めに着いて駅周辺をふらふらする。目的は居酒屋の下見である。

赤提燈を見つけて近づくと「暫く休業」の張り紙があった。初めての店だが、とても心配になる。どなたかが病気にでもなったのだろうか。

歌舞伎の暫はわくわくするが、店先の暫は悲しくなることが多い。再訪することがあれば、ぜひ暖簾をくぐり、売上に貢献したい。

撮影地:西恋ケ窪(東京都国分寺市)


週俳ではトップ写真を募集しています。詳細は≫こちら

0 コメント: