2010-05-23

10句作品テキスト 渡辺誠一郎 二輪草

 二輪草   渡辺誠一郎

春山の姉は小さな光食べ

十万億土仄仄とあれうかれ猫

蜻蛉生る遠い汽笛を聞くように

躙り口より二輪草を招き入れ

明易の情欲である大絵皿

臨時総会なる薄暗がりに日傘

昼寝の首が伸び水車回り出す

まなじりに滝音切れ字がわからない

掻き抱くなら文摺の石火取虫

夏帽をこの世に忘れ昭和の忌

1 コメント:

Unknown さんのコメント...

二輪草   渡辺誠一郎
躙り口より二輪草を招き入れ
明易の情欲である大絵皿
まなじりに滝音切れ字がわからない
掻き抱くなら文摺の石火取虫
夏帽をこの世に忘れ昭和の忌

渡部誠一郎様。ごぶさたです。「小熊座」掲載のお作は拝見していますが、改めてまとめて十句読むと、この頃貴下は、どういう世界にリアリティを感じているのだ、ということがわかります。
 春山の姉は小さな光食べ
 十万億土仄仄とあれうかれ猫
は、妖異でかつ軽みのある雰囲気、
 蜻蛉生る遠い汽笛を聞くように
これも、十万億土のあちことに異散らばっている、生きものの生のあり方が幻想されていて、独特でした、
世界を狭いと感じるか、廣いと感じるか?その人の感受性次第です。
 臨時総会なる薄暗がりに日傘
 昼寝の首が伸び水車回り出す
普段着の世界にも楽しくあやしいところがありました。 

鬼房氏ご存命の頃、塩竃にお訪ねしたころをなつかしくおもいだします。東北はいまでもわたあいには、幻想的な土地のようです。(堀本吟)