2013-01-06

新年詠2013-2 テキスト

新年詠2013-2

初富士やしがない町の橋の上  沖らくだ
満ち足りてゐない群衆初詣  小澤十猪
とりだせぬ燃料棒や去年今年  小澤 實
バレエ公演座席に破魔矢置いてあり  押野 裕
蒲鉾板に残るかまぼこ寝正月  越智友亮
初晴の道にふくらむ家族かな  柏柳明子
年賀状束ねて輪ゴム細くなる  金子 敦
鵯のこゑの凍みたる恵方かな  川嶋一美
日の丸の正面にゐるお元日  河野けいこ
舟歌のトレモロ雪の最上川  菊子
名に寄りし福寿草黄の影をおく  灌木
教室に包丁初めの男声  菊田一平
日沈む頃に眺むる初鴉  岸本尚毅
破魔弓や座椅子に居続ける力  北大路翼
海に降る雪を見てゐて二日かな  北川あい沙
ととさまと屠蘇くみかわすととととと  北川美美
吹き矢のように元日の来る更地  木野俊子
雑煮餅のまわりの空気が変である  金原まさ子
初湯殿ねじりタオルの火星人  久才秀樹
サキソフォン凍れる白夜火事ならん  九堂夜想
ゆつたりと初湯に白砂青松図  ぐみ
初夢はコトバの炎を吐くガメラ  倉田有希
初夢になにかの店でなにか買う  久留島元
坐りても立ちても四方に今年かな  小池康生
年越しや発車しさうに灯の駅舎  小久保佳世子
さて何をリセットするかお元日  小西昭夫

0 コメント: