2013-01-06

新年詠2013-3 テキスト

新年詠2013-3

初鏡一部始終を透明に  小西瞬夏
連れ合ひに破魔矢持たせて厠かな  小早川忠義
三又の枝毛ぱっかり初御空  小林鮎美
七草のすずなすずしろ鳴りさうな  小林苑を
魂魄のはみ出してゐる雑煮かな  小林千史
仮設住居の住所は長し年賀状  駒木根淳子
しばらくは初日の残像と歩く  近 恵
触れ合へるところ傷みて鏡餅  齋藤朝比古
見渡しておほよそ赤し福袋  西原天気
初句会百五十人集ひけり  酒井俊祐
初鏡紅一本の化粧台  坂石佳音
初凪や漁具新調の一家族  堺谷真人
X線検査機通過す読初の『檸檬』と鍵  榮 猿丸
泣初の子にあをあをと盆の窪  榊 倫代
海光は風のはじまり初詣  阪西敦子
てまりうた臙脂の闇を唄ふべし  嵯峨根鈴子
ステンレス製物干越しを初景色  佐川盟子
茶色い毛糸の帽子に込める今年の耳  佐藤文香
夢呑んで膨らみ凍る蛇の腹  咲良あぽろ
冬眠の長さが自慢おらが春  佐山哲郎
脱がさずに乱すが愉し春着の子  澤田和弥
改札にカードをぴつと初昔  しなだしん
濡れ場より書きはじめたる初明り  柴田千晶
賀状百枚単位ぞ仕切る紙も刷られ  島田牙城
舌先に感冒錠をかぞへけり  清水良郎
護摩札の自分の名前しばし眺むる  白熊左愉

0 コメント: