2013-01-06

新年詠2013-4 テキスト

新年詠2013-4

妻と子の飛行機吸はれ初御空  杉原祐之
初夢の記憶なし蛇口を磨く  杉山久子
初詣ゆたかに雪を積み上げて  鈴木牛後
初夢の画面何度もリセットす  鈴木茂雄
行きずりの犬じやれあうて松の内  鈴木不意
もののけをラツピングして初電車  すずきみのる
助手席に日の差してゐる二日かな  涼野海音
別れゆく我もゾケサや初明り  関 悦史
睡眠薬と胃薬御用始めかな  瀬戸正洋
手足とふ枷や阿修羅の初明り  曾根 毅
白味噌の雑煮丸餅いぢらしく  対中いずみ
初春のこんなところに切符落つ  高勢祥子
屑籠にレタスありけり初明り  高梨 章
喧嘩凧風従へて敵を待つ  高橋透水
年明けて先ず嫁の面ととのえる  高畠葉子
玄関に姪つ子の靴福寿草  田口 武
奥の間をゆたかに開けて飾海老  伊達浩之
御降りに車窓の平野つづきをり  田中亜美
あばら家のあばら眼前今朝の春  田中悠貴
去年今年まこと大きな猫の伸び  茅根知子
初夢のひと筆書きのやうなもの  津川絵理子
定年の龍が蛇にと改りぬ  筑紫磐井
国中の鏡の中の去年今年  月野ぽぽな
飼ひ猫と握手もするや屠蘇の酔  津久井健之
いつぽんの毛糸のうへが鳶のそら  鴇田智哉
あらたまの百の葉書に百の蛇    常盤 優

0 コメント: