2013-01-06

新年詠2013-6 テキスト

新年詠2013-6

鸚鵡来て人語解する御元日  藤実
猪日ゆく町の腫瘍となりながら  藤 幹子
賀状の蛇に生やしたい足もあって  藤井雪兎
たとへばひとに冬菜洗ひし水のひかり  藤本る衣
初鴉あはうあはうと鳴きにけり  渕上信子
宝船沈めて渦やうすびかる  堀田季何
あらたまの髭を蒸されているところ  マイマイ
筑波峰の袴霞も明の春  前北かおる
おんぼろの駝鳥に乗つて一月来  正木美和
再生の固き拳や大旦  増田 守
河原町より乗初の人となる  松尾清隆
コックピットの計器づくめの淑気かな  松野苑子
鶏肉のだまつて沈む雑煮かな  松本てふこ
電波時計の針早まはり去年今年  三浦 郁
飯炊きの湯気粛々と初商  三品吏紀
神社までまつすぐ続く淑気かな  三島ゆかり
死ぬるは死に眠るは眠り山に雪  南十二国
初電車午前十時の日があふれ  三宅やよい
巫女ちらっと手鏡それが初鏡  宮崎斗士
初春の尾根のつづきを見てをりぬ  宮本佳世乃
歯並びの美しき獅子頭かな  村上鞆彦
人混みを束ねてゐたる猿廻し  村上瑪論
正月のすき家一家の揺るぎなし  村越 敦
橋ふたつ越え元日の空のいろ  村田 篠
双六やトイレの転倒防止バー  喪字男
初夢の三島由紀夫の小ぶりな靴  望月 周

0 コメント: