2013-07-14

10句作品テキスト 小野富美子 亜流

小野富美子 亜流

冷酒や亜流に生きて心地好し

ポケットに入らぬポケット版薄暑

麦秋や研ぎ加減見る指の腹

色深くなるまで雨の額の花

とりあえず墓はあります梅漬ける

地球儀の海膨らんでくる炎暑

白桃を啜り過去へと裏返る

顳顬に棲み付く頭痛夏百日

炎天に生臭き身を持ち歩く

麦酒飲むまた王冠を叩く癖



0 コメント: